介護の求人探しではインターネット検索が最適

大工の種類

メンズ

大工の仕事は基本的に建築することになります。求人誌にもよく大工の募集を行なっていますが、その仕事の内容も大工の種類によって異なっています。古くから続いている大工としては、神社やお寺を作る宮大工があります。宮大工はやはり特殊な建築物を担当しているので求人誌にはあまり掲載されません。一般的に求人誌に掲載されるような大工は木造家屋を作る町大工や建物建設の型枠大工といったものになります。大工にもこのような種類があるので求人誌に掲載されている場合にはどんな種類なのか確認してから応募するようにしましょう。
宮大工は伝統的な神社や寺の建築に関係する職業になります。さらに日本の古くから伝わってる技法などもあるので誰もが行えるような仕事ではないのです。また、神社の入り口に置かれている鳥居では釘が使われません。釘を使用せずに作成するためかなり高い技術を要求されます。そのため宮大工は大工の中でも高度なものとなるのです。建築だけでなく補修や修復も行なっています。そのため全国各地にある神社やお寺を巡るので多忙なのも特徴になります。宮大工では監督のような存在として棟梁というものがあります。棟梁になれば給与面もぐんと上がり、年収1000万円を超えることもあるのです。高額な給与には専門的な知識と長年培ってきた技術や経験が隠されているのでそれだけ技術職というのは重要な仕事になります。様々な求人がありますが、自分の興味を持つものに挑戦してみることが一番いいと言えます。